大学生のときにペアリング

彼女と再開する前に実は僕には別に彼女がいました。

大学に入ったときに知り合った、同じ大学のサークル仲間です。

彼女は背が低く、そんなに美人ではなかったけどとても話題が豊富で心の優しい女の子でした。

彼女のほうから告白されて付き合ったのですが、付き合えば付き合うほど味が出るというか

彼女は日に日にどんどんかわいく魅力的に僕の目に映っていきました。

彼女と付き合いだして1年したとき、ちょうど彼女の誕生日が来ました。

僕は思い切って彼女にペアリングをプレゼントしました。

僕が女性に指輪をプレゼントしたのはこれがはじめてでした。

最初はものすごく照れ臭かったし、彼女にひかれたらどうしようと不安もありましたが

優しい彼女は最上の笑顔で「ありがとうっ」と喜んでくれました。

今じゃ大学生でペアリングは別にめずらしくもないみたいだけど、当時は勇気ある行動だった(笑)

大学生のペアリングを買うならこのお店がおすすめ

 

20歳の偶然の再会

別れた彼女とはその後会うことはまったくありませんでした。

別れた直後はもうつらくてつらくて、どう過ごしていたか覚えてないくらいです。大学生になったばかりの僕は毎晩夜中や明け方まで遊ぶようになり、両親を心配させまくりました。でも男だし両親も信頼はしてくれてたので怒られることはありませんでした。

彼女を忘れるためにほかの女性ともたくさん付き合いました。誰と付き合っても心に空いた穴を埋めることはできませんでした。彼女の存在がどれだけ大きかったのかを思い知らされた19歳でした。

僕が20歳になった夏、昼間に電車にのっていたある日のことです。

なんと、彼女が同じ車両にのっていました。

見間違えかと何度も見直しましたが、やっぱり彼女でした。

前よりもキレイで素敵な女性に成長していました。

僕はなんだか気おくれしてしまい声をかけられずにずっと彼女のことを見つめていました。

そのときの彼女との距離は5メートルくらいしかなかったと思います。彼女は僕のほうにはまったく気が付いていませんでした。

彼女が駅で降りたときに、僕も考ええる暇もなく一緒に降りてしまいました。

そして思い切って彼女に近づいて「・・・S子。」と呼んでみました。

彼女は振り返って、びっくりしてしばらく僕を見ていました。

そのあと、ニコっと優しく笑って「ひさしぶりだね」って言ってくれました。

高校生になってからの恋愛4

僕たちは周りもうらやむくらいとても仲が良く、彼女は僕の家にも何度も遊びにきてくれたのですが僕の両親も彼女のことをとても気に入ってくれて、高校を卒業したら彼女含めて家族みんなで旅行に行こうなんていう話も出てくるくらいでした。

彼女はいつもとても優しくて、笑顔で明るく接してくれました。僕もそんな彼女が自慢で、友人にもどんどん紹介しては自慢していました。

彼女はひとつ上級生だけど、僕は気にしないで彼女の教室に弁当を持って行って一緒に食べたこともあります。周りは年上ばかりで、特に男の先輩たちの目がすごい向けられてたけど、僕は何も怖くありませんでした。だって彼女といるだけで僕には怖いものなんてなかったから。

本当にとても仲が良かったんです。

でも・・・一学年の差は学生のころにはほんとつらいですね。

彼女が先に卒業してしまいました。わかってはいたんですが、これは当時の僕にはかなりきつかったんです。もう学校で会えない・・彼女が3年になって部活を引退したときもさびしかったですが、卒業となると話が変わるくらいさびしく感じました。

彼女は女子大生になってしまいました。

僕はまだ高校生・・・男としてその差はかなりつらいものがありました。

平日にはほとんど会えません。会えるのは週末だけ。でも僕は受験生で勉強もしなくちゃいけなくて忙しく彼女と会う時間が減っていきました。

たまに会う彼女はどんどん大人の女性になっていく。高校生のときとは違い、とても大人っぽくどんどんキレイになっていくんです。

大学の中が気にならないわけがありません。僕はそのうちどんどん嫉妬心でいっぱいになっていきました。

受験勉強のストレスもあったんだと思います。彼女は頭も良かったので受験もスムーズに推薦で入ったんです。僕は中くらいの成績なので必死で勉強しないと目標の大学に進めませんでした。勉強からくる焦りと彼女の大学への嫉妬、彼女の気持ちに対する不安感、そんなものでいっぱいになっていったのです。

彼女が大学1回生で僕が高校三年の間の1年間はケンカしまくりました。余裕のない僕にいらだつ彼女に対してときには暴力もふるってしまいました。

僕が暴力を振るってしまっても、彼女はいつも許してくれました。僕らしくないからと。きっと疲れてるんだろうから、しばらく会えなくてもいいから勉強がんばってね。ほんとに優しい彼女でした。

でも僕が受験に合格したころ、「別れたい」と言われてしまいました・・・・

受験勉強中に別れ話をすると僕が傷ついて受験に失敗するかもしれないのでずっと我慢してたみたいです。

ほんとは僕ともっと早く別れたかったんだろうな。

僕が悪い・・・それは自分でもよくわかってるんです。

でも彼女のことがほんとにほんとに好きでした。冷たくしたり、なぐってしまったりしたこともあるけど、それでも僕には彼女しかいなかった。

僕が若く未熟すぎたせいで彼女をたくさん傷つけてしまいまいた。

 

高校生になってからの恋愛3

そしてついに、先輩をデートに誘うことができたんです!

夏の終わり、部活も一段落して、先輩が好きかもしれないと思われるライバルの3年生の先輩が引退してから、僕は「チャンス!」と、思い切って先輩に声をかけました。

次の日曜日、映画に行きませんか?と・・

でもそのときは断れるのが怖かったので、2対2で行きませんか?と誘いました。

2対2なら断られることがありませんでした。いつも一緒にいる先輩の女友達(こちらも陸上部の先輩)と、僕らも陸上部の同期、なので陸上部の男ふたりと女の先輩ふたり、という4人でダブルデートということになったんです。

でも、デートの前日先輩から電話がかかってきました。

明日だけど、もう一人の子が用事ができてしまっていけないので別の日にしてもらえる?と・・・

これはチャンスなのか?それとも違うのか??数秒自問自答したあと発作的に出た言葉が

「じゃぁ僕とふたりで行きませんか?4人で行くのはまた別の日にして」と言ってしまいました・・・

あ~ダメじゃん!ふたりでなんていうと先輩がひいてしまうことはわかってたから、あえて4人にしたのに…俺のバカバカ・・と心の中でへこんでいると

「いいよ~。じゃぁ二人だけでデートしよっか」という返事が!!!

あまりの嬉しさに部屋の中でガッツポーズしまくったのを覚えています。

その週末の日曜日に先輩とデートできました。待ち合わせからもうドキドキしっぱなしでしたよ。でもとても楽しいデートで、先輩もずっと笑顔でいてくれました。それだけで僕は幸せで舞い上がりそうでした。

翌週もふたりで会いました。そのときにやっと「付き合ってください」と言えました。

先輩はちょっと躊躇もしてましたが、最後には「いいよ」と言ってくれて、無事俺の彼女になってくれました!

 

 

高校生になってからの恋愛2

陸上部でひとつ年上の先輩に恋をしてしまった僕は

なんとか先輩と個人的に仲良くなりたいと思いました。

でも先輩はどうもほかに気になる先輩がいるようでした。

僕は絶対負けない!と心の中でひそかに燃えました。

試合のときのジャージ持ち(陸上なので、試合のときは出場選手の荷物持ちを手伝う仕事がある)には積極的に僕が行きました。(先輩のときだけ)

それで、「K君だっけ?いつもありがとね」って名前を憶えてもらってとてもうれしかった記憶があります。

それからちょくちょく先輩に声をかけたり、偶然を装って一緒に駅まで帰ったりしました。

周りからも僕が先輩を好きなのはまるわかりだったようで、僕が先輩に近づくと同級生やほかの先輩からもよく冷やかされました。

それでもめげずにアプローチしました。

高校生になってからの恋愛

高校のとき僕は陸上部に所属してました。

陸上部だけが唯一男女混合のクラブでした。

しかも陸上部にはかわいい女の先輩が多かったんです。だから入ったというわけではありませんが・・ww

僕は自分で言うのもなんですが、小さいころから近所でも評判のかわいい男の子で、雑誌のモデルをやったこともあるし、CMに出たこともあります。

当然小学校でも中学でもよくモテてました。

その僕が高校に入って、ひとつ年上の女の先輩に恋をしてしまったんです。

女の先輩の中でも「かわい~♪」とよくかわいがってもらってました。ひとりとても気になる先輩がいたんですが、その先輩からもとてもかわいがってもらい特別扱いを受けました。

でもひとりだけ、いつも凛としていてシャープで、でも笑うととても笑顔がかわいくて素敵な先輩がいて、その人だけは僕のことを特別に見ることがなかったんです。

いつもチヤホヤされてきた僕はその先輩のことがとても気になるようになりました。

別に年上好みってわけじゃないんですよ。年下の後輩からもよくチョコレートもらったり、同級生の女の子からも手紙もらったりしてたし、中学のころは同級生と付き合ってみたりしてましたからね。

でもその先輩のことがどうしても気になって、授業中も考えてしまうし、部活中はずっと目で追っていました。

中学のころの恋愛

中学のころ、はじめて好きになった人はラグビー部の先輩でした。

とってもかっこよくて、ラグビー部でもずば抜けていて、それでいてとてもおもしろい人でした。

わたしは当時ソフトボール部で、ピッチャーをやっていたのですが、部活中によく話しかけられました。「ピッチャーって大変?」「早い球投げるね~」「僕にも打たせてよ(笑)」そんな他愛ない会話をするだけでいつもとてもドキドキしていました。

部活中に先輩の姿を見るだけでとても幸せでした。

そんな先輩からある日の夜、電話がかかってきたのです。最初は名前を言わなくて、「俺のこと・・・わかる・・・?」と遠慮がちに話す声もとても低くて小さくて、誰なのかしばらくわかりませんでした。

でもよく聞いてみると・・・「先輩!」びっくりしました。

まさか電話がかかってくるなんて夢にも思わなかったので・・・

付き合うことになり、何度かデートをしました。ファーストキスは先輩とでした。卒業するまでの1年間だけの付き合いで、高校に行ったら会えなくなって自然消滅してしまいまいた。

でも今でも私の中でたいせつな思い出となって残っています。

復縁(成功例)女性

わたしの夫は10年前に再婚した男性で、当時わたしは一人の子持ちでした。

わたしの一人息子にもとても愛情をかけてくれて、大恋愛の末結婚しました。

10年間とても楽しい生活を送ってきました。少々気持ちの荒く幼い部分もある夫ですが、わたしがあたたかく包み込み、夫婦仲もとてもうまくいってました。

そんなある日、こともあろうにわたしの大切な友人と思っていたある女と浮気したのです。

浮気だけではありませんでした。夫はその女の存在は隠して私に「離婚したい」と言ってきました。

その女が理由なのはわかっていました。でもわたしは一言もそこには触れず、おとなしく離婚の判を押してやったのです。

誰にも相談せず、息子だけには「離婚するけどごめんね」と謝りました。もちろん理由は話しませんでした。息子はずっとわたしの背中を撫で続けてくれていました。

離婚してその女と夫はどんどん仲良くなっていきました。でもわたしは夫にも彼女にも知らないフリで接していました。泣くのは家でひとりでいるときだけでした。

とてもつらい半年が過ぎました。毎日どうやって自分をなぐさめていたのかわからないほど心が疲れていましたが、「夫は戻ってくる」とひたすら信じ続けていました。夫が戻ってきて明るい笑顔をわたしだけに向けてくれている様子を頭に思い浮かべ続けていました。

そして、夫がとうとう戻ってきたのです。

すべての罪を認め、許してほしいと。

わたしは許しました。あとで一連の話を伝えた友人からは「なんで許したの?よく許せたね?」とさんざん言われましたが、わたしにはどう考えても夫しかいなかったんです。

夫が謝罪してから3ヵ月で復縁し、籍を入れなおしました。

今は3人で仲良く暮らしています。あのつらい半年はなんだったのかと思うほどです。

 

復縁(失敗例)

恋愛結婚してふたりの子供に恵まれ、僕が趣味の旅行にもよく家族を連れて行き、嫁さんとも仲良く過ごしてきた。

誰から見ても仲良し家族と思っていたのに、僕の風俗通いが発覚してしまい離婚することになった。

なんで風俗通いくらいで離婚なんだ?と当時はまったく理解できなかった。

嫁さんは完全に怒ってしまっていて決して許してくれなかった。

風俗通いが発覚してから1ヶ月で電撃離婚をしてしまったのだ。

親にもさんざん文句を言われ怒られ、嫁のほうも僕の親にめちゃくちゃひどいことを言われていた。子供は決してまともに育たないと決めつけたように言われていた。僕も親と一緒になんとか嫁の心を溶かそうとしたが、親の言葉に余計に怒ったのか結局離婚。

でも僕は許してくれると思った。今はかっとなってる嫁も、時間が経てば絶対許してくれると。

なので、離婚してから2ヶ月後、僕と嫁の結婚記念日の日に、今まで贈ったことないような大きな花束を贈った。

小学生の息子と会うときに、僕のひとりでさびしい生活を息子らに伝え、嫁の母性愛に呼びかけようと必死にさびしい気持ちを訴えた。

嫁と僕の共通の友人に、すごく後悔していることやひとりでさびしい、復縁したい気持ちを切実に訴え、友人から嫁に話してくれるように相談した。

それらの結果

嫁の気持ちは離婚当時よりも離れてしまった

理由が僕にはさっぱりわからなかった。

数年後嫁には新しい彼氏ができてしまった。とうとう復縁はできなかったのだ。