高校生になってからの恋愛2

陸上部でひとつ年上の先輩に恋をしてしまった僕は

なんとか先輩と個人的に仲良くなりたいと思いました。

でも先輩はどうもほかに気になる先輩がいるようでした。

僕は絶対負けない!と心の中でひそかに燃えました。

試合のときのジャージ持ち(陸上なので、試合のときは出場選手の荷物持ちを手伝う仕事がある)には積極的に僕が行きました。(先輩のときだけ)

それで、「K君だっけ?いつもありがとね」って名前を憶えてもらってとてもうれしかった記憶があります。

それからちょくちょく先輩に声をかけたり、偶然を装って一緒に駅まで帰ったりしました。

周りからも僕が先輩を好きなのはまるわかりだったようで、僕が先輩に近づくと同級生やほかの先輩からもよく冷やかされました。

それでもめげずにアプローチしました。

コメントを残す