高校生になってからの恋愛4

僕たちは周りもうらやむくらいとても仲が良く、彼女は僕の家にも何度も遊びにきてくれたのですが僕の両親も彼女のことをとても気に入ってくれて、高校を卒業したら彼女含めて家族みんなで旅行に行こうなんていう話も出てくるくらいでした。

彼女はいつもとても優しくて、笑顔で明るく接してくれました。僕もそんな彼女が自慢で、友人にもどんどん紹介しては自慢していました。

彼女はひとつ上級生だけど、僕は気にしないで彼女の教室に弁当を持って行って一緒に食べたこともあります。周りは年上ばかりで、特に男の先輩たちの目がすごい向けられてたけど、僕は何も怖くありませんでした。だって彼女といるだけで僕には怖いものなんてなかったから。

本当にとても仲が良かったんです。

でも・・・一学年の差は学生のころにはほんとつらいですね。

彼女が先に卒業してしまいました。わかってはいたんですが、これは当時の僕にはかなりきつかったんです。もう学校で会えない・・彼女が3年になって部活を引退したときもさびしかったですが、卒業となると話が変わるくらいさびしく感じました。

彼女は女子大生になってしまいました。

僕はまだ高校生・・・男としてその差はかなりつらいものがありました。

平日にはほとんど会えません。会えるのは週末だけ。でも僕は受験生で勉強もしなくちゃいけなくて忙しく彼女と会う時間が減っていきました。

たまに会う彼女はどんどん大人の女性になっていく。高校生のときとは違い、とても大人っぽくどんどんキレイになっていくんです。

大学の中が気にならないわけがありません。僕はそのうちどんどん嫉妬心でいっぱいになっていきました。

受験勉強のストレスもあったんだと思います。彼女は頭も良かったので受験もスムーズに推薦で入ったんです。僕は中くらいの成績なので必死で勉強しないと目標の大学に進めませんでした。勉強からくる焦りと彼女の大学への嫉妬、彼女の気持ちに対する不安感、そんなものでいっぱいになっていったのです。

彼女が大学1回生で僕が高校三年の間の1年間はケンカしまくりました。余裕のない僕にいらだつ彼女に対してときには暴力もふるってしまいました。

僕が暴力を振るってしまっても、彼女はいつも許してくれました。僕らしくないからと。きっと疲れてるんだろうから、しばらく会えなくてもいいから勉強がんばってね。ほんとに優しい彼女でした。

でも僕が受験に合格したころ、「別れたい」と言われてしまいました・・・・

受験勉強中に別れ話をすると僕が傷ついて受験に失敗するかもしれないのでずっと我慢してたみたいです。

ほんとは僕ともっと早く別れたかったんだろうな。

僕が悪い・・・それは自分でもよくわかってるんです。

でも彼女のことがほんとにほんとに好きでした。冷たくしたり、なぐってしまったりしたこともあるけど、それでも僕には彼女しかいなかった。

僕が若く未熟すぎたせいで彼女をたくさん傷つけてしまいまいた。

 

コメントを残す